未明の西武新宿線踏切事故、高校入試も遅らせる(読売新聞)

 16日午前3時30分頃、埼玉県川越市南台の西武新宿線南大塚―新狭山駅間の踏切で、資材運搬のため下り線を走行していた作業用車両と4トントラックが衝突した。

 作業用車両は脱線し、トラックも横転。作業用車両の男性運転士(28)とトラックの男性運転手(32)がともに手などに軽傷を負った。

 川越署の発表によると、トラックが下りていた遮断機を破壊して踏切に入ったという。同署は、道交法違反容疑で運転手から事情を聞いている。

 西武鉄道によると、この事故で、同線の上下線がともに狭山市―本川越駅間で始発から約5時間半後の午前10時30分頃まで運転を見合わせるなどし、約3万4000人に影響が出た。埼玉県では同日午前から公立高校前期入学試験が始まっており、一部高校は試験開始を最大50分遅らせた。

大阪の3キロ引きずり事件 3月2日に初公判(産経新聞)
次官から部長級への降格容易に=同格扱いで一致−首相と仙谷氏ら(時事通信)
石川議員離党「重い決断」=前原氏「小沢氏にも責任」−閣僚(時事通信)
調布市議が救命術を学ぶ(産経新聞)
郵便不正 凛の会元会長に1年6月求刑 大阪地裁 「口添え依頼など役割重大」(産経新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-02-20 09:11
<< <灯ろう祭り>陶器に幻想的な明... ポニョ舞台・鞆の浦、車混雑の解... >>