銀魂

『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中。2006年春からアニメ化もされ、放送中。スピンオフ作品として小説「3年Z組銀八先生」もある。この記事は、下記のページに内容を分割しています。このテーマに関する情報については、それぞれのページをご参照ください。銀魂の登場人物一覧銀魂 (アニメ)概要『週刊少年ジャンプ』で2003年12月(2004年2号)から連載開始。作者の初連載となるSF時代劇の体裁をとった人情コメディ漫画で、単行本は2010年1月現在、32巻[1]まで刊行。単行本売り上げは現在3,000万部と大ヒットを記録。話数カウントは「第○訓」(○には漢数字が入る)となっており、各話のサブタイトルは本編の内容を意識した教訓的なものや作者の素朴な疑問やツッコミ等が付けられている。主人公が、周囲の面々と繰り広げるドタバタギャグコメディがストーリーの基本路線ではあるが、シリアスな展開も時折ある。ギャグの中には漫画・テレビアニメ業界の内輪ネタが多く、ジャンプの世界観もネタの対象になっている。基本的にはレギュラーキャラや準レギュラーキャラにこそ死人は出ていないが、一方でゲストキャラや長編に登場する重要キャラが死亡するケースは多い。ジャンプフェスタ・アニメツアー'05で本作のアニメ『〜何事も最初が肝心なので多少背伸びするくらいが丁度よい〜』が上映され、2006年4月4日からはテレビアニメシリーズがスタートした。連載初期は誌上アンケートの結果が芳しくなく、連載順位も後方で低迷していた。単行本第1巻の初版の印刷数は3万部とかなり少なかったが、誌上アンケートの結果に反して単行本初版はすぐに売り切れた。その後はじわじわと人気を上げていき、アニメ、映画、ゲーム、ドラマCD、小説、映画化にまで至っている。公式サイト「銀魂どっとこむ」のドメイン名は「gintama.com」になる予定だったが、ゴールドアクセサリーを取り扱う会社がドメイン名を先に取得していたため、『少年ジャンプ』(Jump)の「J」をつけて「j-gintama.com」とした。2010年GWに本作史上初の劇場版作品『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』が公開される事が週刊少年ジャンプ2009年49号およびテレビアニメ181話において発表され、これに伴い劇場版の公式サイトも開設されてい

「真っ赤な血の海があって…」声を震わせる証人(産経新聞)
留学生 長期の外国人生徒数、初の減少 08年度(毎日新聞)
民主敗北、小沢氏進退再浮上も “利益誘導”選挙通じず(産経新聞)
早朝の東海道新幹線、一時運転見合わせ(読売新聞)
<ハイブリッド車>接近知らせる装置でガイドライン…国交省(毎日新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-03-02 01:26
<< 津波警報をすべて解除…気象庁(... 男2人週明け再逮捕へ 大阪・神... >>