老後に「不安」8割 公的年金に期待なし5割(産経新聞)

 老後の生活資金に不安を感じている人は約8割に上る一方、準備を始めている人は12%にとどまることが、「楽天リサーチ」(東京都品川区)の調査で分かった。職業などによって不安度は異なり、同社は「公的年金への期待度が薄れる中、個人で老後の準備を進める必要がある」と話している。

 調査は昨年12月9、10の両日、全国の20〜60代のモニター男女1千人を対象にインターネットで実施。その結果、老後の貯蓄や資産について「かなり不安」「多少不安」と答えたのは79%。派遣・契約社員やアルバイトなど雇用形態が不安定な層では「かなり不安」が過半数だった。

 老後の生活で特に不安に感じるのは(複数回答)、生活資金(84・2%)▽年金(64%)▽健康(61・1%)▽配偶者の健康・介護(41・4%)−など。このうち「年金」について受給者を除いた975人に尋ねたところ、「公的年金だけで生活できると期待する」のはわずか3・4%。「あまり期待しない」「まったく期待しない」が56・1%に上った。

【関連記事】
地方公務員も「老後に不安」 年金、生活資金…8割超
苦しい家計で緊急電話相談
そして誰もいなくなった? 変額年金保険、撤退相次ぐワケ
「老後の生活不安で」と動機供述 福岡の現金輸送車乗り逃げ
選択の焦点(1)年金 民主は改革先送り、自民の約束も疑問
20年後、日本はありますか?

<国家戦略室>ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当(毎日新聞)
首相動静(3月23日)(時事通信)
<電波望遠鏡ALMA>日本のアンテナの愛称「いざよい」に(毎日新聞)
看護師離職率、わずかに低下=研修・支援体制がカギ−協会調査(時事通信)
<新潟市美術館>かびやクモ発生…何が起きていたのか(毎日新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-03-24 16:40
<< 年金詐取し上納 弘道会系組長ら... “長島軽一両”五輪銀タイムにち... >>