毎日新聞 編集綱領制定記念のつどい…東京(毎日新聞)

 第23回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい「日本が変わる、報道が変わる−検証・政権交代」(毎日新聞労働組合など主催)が11日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。昨年の政権交代を踏まえ、シンポジウム形式で政治報道の果たすべき役割を考えた。

 パネリストは、民主党・副文部科学相の鈴木寛▽自民党・前厚生労働相の舛添要一▽ジャーナリストの上杉隆の3氏。与良正男・毎日新聞論説委員がコーディネーターを務めた。

 政治報道のあり方について、鈴木氏は「政局の動向が重視されるが、政策への関心が薄い。メディアが論議の場を提供してほしい」、舛添氏は「過去の政権批判、官僚依存の報道を脱し、政権交代をきっかけに自己改革を進めてほしい」と求めた。上杉氏は「海外主要紙の東京支局の縮小・撤退が相次いでいるが、取材時の記者クラブの閉鎖性が原因と思う」と記者クラブ改革を訴えた。

【関連ニュース】
毎日新聞:発行物一部を研究機関に寄贈 大阪で搬出作業
中部写真記者協会賞:毎日新聞・竹内幹記者がグランプリに
訃報:丸谷亘さん76歳=前毎日書道会専務理事
毎日新聞:大関・魁皇関を表彰…幕内在位98場所新記録で
毎日スポーツ人賞:GPにWBC日本代表チーム…表彰式

小沢氏の問題、言及せず=首相(時事通信)
軽飛行機不時着 元機長ら書類送検(産経新聞)
雑記帳 名波さんの引退試合に90年代の豪華メンバー(毎日新聞)
<要介護基準見直し>「非該当」9割認定 厚労省調査(毎日新聞)
入力ミス新たに19件…最高裁量刑検索システム(読売新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-01-16 16:24
<< 【中医協】診療報酬上の地域性へ... 福島氏「あらゆる可能性ある」 ... >>