<政府経済見通し>13年連続「名実逆転」閣議決定(毎日新聞)

 政府は22日、10年度の経済成長率を実質で前年度比1.4%増、名目で同0.4%増とする政府経済見通しを閣議決定した。子ども手当や家電製品のエコポイント制度などの家計支援策や、世界経済の回復を背景にした堅調な輸出で、実質、名目ともに3年ぶりのプラス成長だが、実質が名目を上回る「名実逆転」が13年連続で続くと見込んでいる。

 ただ、消費者物価は4年ぶりに下落に転じた09年度に続き、10年度も0.8%のマイナスが続く見通し。デフレの影響で賃金が上がりにくく、雇用者報酬は0.7%減と、過去最悪だった09年度見込み(3.9%減)に続き、4年連続の前年度比マイナスになる見通しだ。【秋本裕子】

ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地(産経新聞)
一時金“持ち逃げ”全員特定 派遣村入所を厳格化 都が国に緊急要望へ(産経新聞)
小沢幹事長 23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)
日航「運航継続」を強調=外国報道陣と会見−前原国交相(時事通信)
関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 大半の教科書に記述(産経新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-01-29 05:28
<< 「スマートグリッド」日米共同事... <補助ダム>妥当性検証 17府... >>