日本語研修の実態調査へ=インドネシア介護士受け入れで−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は29日、経済連携協定(EPA)に基づき2008年度にインドネシアから介護福祉士候補者を受け入れた日本の特別養護老人ホームなど53施設に対し、日本語研修などの実態調査を行うことを明らかにした。候補者の日本語能力や業務内容、受け入れ目的が達成されているかどうかなどの質問項目に、来月中旬をめどに回答してもらう。 

【関連ニュース】
外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言
岡田外相、外国人看護師雇用へ試験改善=難解な漢字、合格阻む
対北、連携を確認=日韓外相が会談
EU大統領、4月に初来日=貿易交渉は厳しい局面も
核廃絶へ協力=アフガン支援も連携

<地震>青森県で震度4=午後4時19分ごろ(毎日新聞)
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」(産経新聞)
ニコチン依存症 20代喫煙者7割 年数短く保険適用わずか1割(産経新聞)
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」−福島地裁支部(時事通信)
<掘り出しニュース>小学4年生が2分の1成人式 20歳への目標を立てる(毎日新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-02-02 14:20
<< 北海道知事「事実なら強く抗議」... 奈良・巣山古墳に湧き水対策? ... >>