妻暴行死で夫に実刑=弁護人「裁判員に理由聞きたい」−仙台地裁(時事通信)

 妻の不倫に激怒し暴行を加え、死亡させたとして、傷害致死罪に問われた広告代理業粕加屋武宏被告(44)の裁判員裁判で、仙台地裁(卯木誠裁判長)は3日、懲役5年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。
 判決は「同様の事件の量刑は懲役3〜6年の範囲に分布している。命が奪われた結果は重い」と指摘した。弁護側は一人息子が刑務所に行くことを望んでいないとして、執行猶予を求めていた。
 弁護人は、判決が量刑分布に触れた点について「何のために市民を入れているのか。裁判員がどのような判断をしたのか。聞けるなら聞きたい」と話した。
 裁判員を務めた男性(48)は記者会見で「裁判長が言ったことがすべてです」と守秘義務を意識し、答えていた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
誤信殺人の被告に実刑=「責任重い」
わいせつ殺人、起訴内容認める=遺族の夫が被告に質問-43歳男の裁判員裁判・静岡
長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」

<診療報酬>明細書付き領収書、10年度から実施 中医協(毎日新聞)
茨城空港 4月からスカイマーク神戸便が就航 初の国内線(毎日新聞)
球場入場拒否は無効=「鳴り物応援」認めず−ドラゴンズ応援団一部勝訴・名古屋地裁(時事通信)
節分に「オニヒトデは外」 和歌山・白浜で駆除イベント(産経新聞)
平野官房長官、小沢氏不起訴に「党議員としてはよかった」(産経新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-02-07 02:10
<< 歩道の3人、乗用車にはねられ心... 無過失補償制度の拡充・発展を−... >>