<定住自立圏構想>全国23地域で形成される 総務省発表(毎日新聞)

 人口5万人以上の自治体が「中心市」となって周辺市町村と医療、福祉分野などで連携する「定住自立圏」構想で総務省は12日、長野県飯田市を中心市とした地域など、全国23地域で自立圏が作られたと発表した。中心市となるには自らの役割を表明する「中心市宣言」を行う必要があり、これまでに42市が宣言している。自立圏を形成した地域には、特別交付税を利用した財政優遇措置などが設けられている。

【関連ニュース】
定住自立圏構想:西脇市が「中心市宣言」 多可町と連携深め /兵庫

あいさつ交わさず、路上駐車も=逮捕の18歳少年−石巻3人殺傷(時事通信)
有線放送大手、無断で30年以上ケーブル設置(読売新聞)
路上強盗で猶予判決=裁判員「結論話し合って納得」−大阪地裁(時事通信)
道路予算、陳情の有無で格差=民主版個所付け資料の全容判明(時事通信)
五輪スピード 「育ての親」見守る 穂積、石沢選手(毎日新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-02-18 08:53
<< ポニョ舞台・鞆の浦、車混雑の解... 昭和基地離れ、帰国の途に=51... >>