<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

【中医協】診療報酬上の地域性への配慮、次回以降に結論(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は1月13日の総会で、地域の特性を考慮した診療報酬体系をめぐり議論した。現在、医療法上の許可病床が100床未満の病院などで認められている緩和措置の適用について、厚生労働省は2010年度の診療報酬改定で、看護職員数が著しく少ない二次医療圏単位に試行的に拡大することを提案。これに対して、診療側は実施自体には賛意を示したが、委員からは「(医療圏を選定するデータが)実態を表していない」などの批判が上がった。一方、支払側も選定の仕方を疑問視したため、10年度の改定で実施するかどうか、次回以降の総会で再び協議することになった。

 対象となる二次医療圏を選定するため、厚労省側は、一般病床のみで構成される病院(ケアミックス型などは除く)の1日平均在院患者数100人当たりの看護職員数を算出。その結果、▽北海道・北渡島檜山(45.3人)▽群馬・吾妻(48.9人)▽静岡・賀茂(50.8人)▽愛知・東三河北部(44.2人)▽滋賀・湖西(45.7人)▽和歌山・那賀(53.9人)、御坊(47.4人)▽徳島・西部2(42.9人)▽佐賀・東部(54.1人)―の9圏を割り出した上で、隣接する都市や医療圏に医療従事者が多いなどの理由で佐賀の東部と和歌山の那賀を除外し、7圏に絞り込んだ。
 医療法上の許可病床数が100床未満の病院と特別入院基本料を算定する保険医療機関は現在、1日当たりで働く看護要員数や看護要員と入院患者の比率などについて、3か月を超えない期間の1割以内の変動は、国に届け出を行う必要がない。厚労省はこの日、それを10年度の改定で7つの二次医療圏単位に試験的に拡大することを提案した。

■緩和措置の拡大で「時間が欲しい」―西澤委員

 療養病床を外した理由について、厚労省保険局の佐藤敏信医療課長は、「療養病床がたくさん集まっている地域と急性期の病床で困っている地域を同列に議論できるのか、課内で議論した結果、とりあえず一般病床だけで出させていただいた」と述べ、12年度以降の改定に向けて精査する必要性を示した。
 これに関して西澤寛俊委員(全日本病院協会長)は、療養病床のある中核病院の看護職員数が含まれていないことから、実態と乖離していると指摘。また、看護職員が都会に集中し、地方の病院が崩壊の危機にある現状に触れ、「行政や看護協会、わたしたち病院団体が協力しながら、都会の看護師が地方で働けるような施策も考える必要がある。そういうことをするためにも、(緩和措置の拡大で)少し時間を頂きたい」と求めた。

 一方、坂本すが専門委員(日本看護協会副会長)は「要件緩和で何か月か待っても、その後どうなるのか。それで看護師が集まるかは疑問がある。看護だけでなく、医療全体を見てほしい」と要望。嘉山孝正委員(山形大医学部長)は、10年度改定での試行的な実施に反対の考えを示しながらも、「実態を表すデータが出れば、それに合わせて地域の特性を診療報酬で考慮すべきだ。ペンディングしたい」と述べた。

 新たなデータを活用した二次医療圏の選定について、佐藤課長が「医療計画に基づく二次医療圏ごとの病床と人のデータはすべてあるが、電子化されていないので、電子化された形で整理するのであれば、4月1日(の改定)をにらんでとなると少し時間が足りない」との考えを示したため、次回以降の総会で再検討することになった。


【関連記事】
【中医協】「中医協の権限縮小の意図が政権に」−診療側・安達委員
ここまで進んだ 10年度診療報酬改定めぐる審議
10年度診療報酬改定の基本方針を読み解く
診療報酬全体、10年ぶり引き上げへ
診療報酬改定で急性期入院に4千億円投入へ

山口の製菓会社でCO中毒?4人倒れる(読売新聞)
特捜の強制捜査、首相は小沢氏擁護の姿勢(読売新聞)
速報や支援呼びかけでツイッターが活躍 ハイチ大地震(産経新聞)
友人に成り済まし免許取得=スリランカ人2人を逮捕−警視庁(時事通信)
<新型インフル>講談社が関連本を回収 緊急出版直後に(毎日新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-01-18 23:19

毎日新聞 編集綱領制定記念のつどい…東京(毎日新聞)

 第23回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい「日本が変わる、報道が変わる−検証・政権交代」(毎日新聞労働組合など主催)が11日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。昨年の政権交代を踏まえ、シンポジウム形式で政治報道の果たすべき役割を考えた。

 パネリストは、民主党・副文部科学相の鈴木寛▽自民党・前厚生労働相の舛添要一▽ジャーナリストの上杉隆の3氏。与良正男・毎日新聞論説委員がコーディネーターを務めた。

 政治報道のあり方について、鈴木氏は「政局の動向が重視されるが、政策への関心が薄い。メディアが論議の場を提供してほしい」、舛添氏は「過去の政権批判、官僚依存の報道を脱し、政権交代をきっかけに自己改革を進めてほしい」と求めた。上杉氏は「海外主要紙の東京支局の縮小・撤退が相次いでいるが、取材時の記者クラブの閉鎖性が原因と思う」と記者クラブ改革を訴えた。

【関連ニュース】
毎日新聞:発行物一部を研究機関に寄贈 大阪で搬出作業
中部写真記者協会賞:毎日新聞・竹内幹記者がグランプリに
訃報:丸谷亘さん76歳=前毎日書道会専務理事
毎日新聞:大関・魁皇関を表彰…幕内在位98場所新記録で
毎日スポーツ人賞:GPにWBC日本代表チーム…表彰式

小沢氏の問題、言及せず=首相(時事通信)
軽飛行機不時着 元機長ら書類送検(産経新聞)
雑記帳 名波さんの引退試合に90年代の豪華メンバー(毎日新聞)
<要介護基準見直し>「非該当」9割認定 厚労省調査(毎日新聞)
入力ミス新たに19件…最高裁量刑検索システム(読売新聞)
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-01-16 16:24

福島氏「あらゆる可能性ある」 鳩山首相、小沢氏の参考人招致で(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は10日のNHKの討論番組で、鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題で、自民党が国会での関係者の参考人招致を求めていることについて、「それぞれが説明責任を尽くすと思う。(参考人招致の是非は)党内で議論するが、あらゆる可能性はあると思う」と述べ、野党時代と同じ基準で与党としても参考人招致を民主党に促す可能性に含みを持たせた。

【関連記事】
小沢氏や首相母らの参考人招致応じず 山岡氏
民主・山岡氏「補正、月内に成立させたい」
国会18日召集で合意、自民は16人の参考人要求
自民、鳩山首相実母の参考人招致求める
首相の偽装献金事件「幕引きどころか幕開いた」 自民・大島幹事長

釣り侍
w8lbjllaのブログ
k6hut6xfのブログ
バリバリ税理士でがんばるぞ
家庭教師の仕事はプライドが大事!
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-01-15 09:43

15日夕に部分日食=那覇で最大6割−国立天文台(時事通信)

 国立天文台によると、神奈川県と新潟県中部を結ぶ線から西側の地域で15日夕、太陽が欠けながら沈む部分日食が起きる。西へ行くほど欠ける割合が大きく、那覇では日没直前の同日午後5時58分、最大6割欠ける。一方、東京西部など東寄りの地域では、太陽が欠け始める高度が低い上、山や建物の影響で観察が難しいかもしれないという。
 気象庁の天気予報では、主に太平洋側で晴れる可能性があり、昨年7月22日以来の日食を楽しめそうだ。太陽を直接見ると目を痛めるため、国立天文台は、専用の日食グラスを使うか、木漏れ日を見るなどの方法で観察するよう呼び掛けている。 

美容師の仕事はプライドが大事!
家庭教師のお仕事
競馬情報
クレジットカード現金化
出会いランキング
[PR]
by nqmc2v6idu | 2010-01-13 23:55